子どもが自分1人で靴を履けるようにするには?靴選びのポイント!

子育ての悩み
スポンサーリンク

 

うちの子は2歳なんだけど、保育園で靴を1人履く練習をしているみたい。1人でも履きやすい靴はどんなのを選べばいい?

 

「1人で靴を履くなんてまだまだ先だよ~」

と思っいましたが…

今春から2歳プレ幼稚園に入った息子は、初っ端から靴を1人で履けるように指導してもらっています!

 

早い子だと2歳前から履ける子もいるみたいでびっくり!

 

不器用でちょっと成長がゆっくりめな2歳8ヶ月の息子も、最近やっと1人で靴を履けるように!

 

幼稚園の先生から頂いたアドバイスを含めながら、「子どもが自分1人で靴を履けるようにするためのポイント!」についてお話します♪

 

こんな方におすすめの内容です。

  • 子供が1人でも履きやすい靴の特徴を知りたい!
  • 1人で靴を履けるようにする方法は?
スポンサーリンク

子どもが1人で履ける靴ってどんなの?

「2歳といってもまだまだ赤ちゃん!靴は私が履かせる~」

今となれば恥ずかしいことを思っていた私です。

 

早い子だと2歳…いや1歳半から自分で履けることも知らずに!!

 

そりゃ当然、プレ保育に入ると息子は全く自分で靴なんて履けません。

親として申し訳無い気持ちでいっぱいに…

 

けど履きやすい靴を選ぶだけで、ちゃんと自分で履けるようになりました!

 

1人で履きやすいのはこんな靴

  • かかと部分にひも(プルストラップ)
  • はきぐちが広め
  • つけ外しが簡単な1本ベルト

大きくわけてこの3つが選び方のポイントです!

外靴だとデザイン重視の靴が多くて、子供が1人で履きやすい靴を見つけるのが大変!

 

かかと部分にひも(プルストラップ)

靴を脱ぎ履きをするときには、かかとを引っ張りながら足入れをします。

かかと部分に輪っこ(プルストラップ)があれば、指をいれて引っ張りやすく!

靴選びをするときの重要なポイントです♪

 

息子の通っている幼稚園では、プルストラップ付きの靴を買うか、または紐を取り付けるように指定がありました。

 

はきぐちが広め

足入れがしやすいように履き口は広め、または履き口はに伸縮性があって、広がりやすい靴選びが大切!

 

手で簡単に広がるから足入れしやすい!

ベルトや紐がないデザインだと、履き口に足をそのままスポッと入れるだけであっという間に1人で履けちゃいます!

 

つけ外しが簡単な1本ベルト

ベルトがあるデザインなら、「1本ベルト」を選びましょう!

 

ベルトが1本のみのデザインを選びましょう♪

 

何本もベルトがついていると、その分ベルトのつけ外しが必要になり、子どもにとってかなりの労力!

 

サイズの選びも重要

子どもが履く靴となると、つい大きめを選びたくなりますがそれは危険!

 

足に合っていないサイズを選ぶと転倒や靴ずれが起きてしまいます。

程よくゆとりがあるサイズ選びが大切です♪

 

程よいサイズとは…?
0.5㎜~1㎝くらいのゆとりが必要、つま先が動かせて窮屈さがない状態になるのが目安!

 

子どもが1人で靴を履くようになるための方法

幼稚園の先生に教わりながら家でも実践していたことです!

 

  • 履き方の手順をゆっくり見せる
  • 靴を履こうとしているなら見守るだけ
  • 靴をいつでも履けるようにしておく

 

私もそうですが…つい何でも子どもに手を貸したくなります。

一番大切なことは「見守ること」

 

まんま
まんま

けどこれが一番難しい…。

 

靴を履く手順は見せてあげて、あとは見守るだけ。

 

そして子どもが履く靴は、いつでも玄関にだしておく!

これをしておくと自主的に子どもが靴を履く練習をするようになります。

 

靴を履く練習法は?

  1. 座らせる(段差があるところがいい)
  2. ベルトを外したり、履き口を確保させる
  3. 足入れ
  4. かかとの紐を引っ張りながら、しっかり足入れをする

 

こんな流れですが大人が靴を履くときと手順はだいたい一緒の教え方でOKです♪

ちょっとしたポイントと言えば、靴を履く時は段差があった方が足入れしやすいです。

 

子どもが自分1人でも履きやすい靴を紹介

結論、一番履きやすいのは紐やベルトが付いていない「スリッポン」です。

 

けど、走りやすさや足の負担の軽減を考えると「スニーカー」タイプがおすすめ。

 

スニーカーでもマジックテープの取り外しが簡単にできるデザインなら、難しくはありません!

 

スニーカータイプでも脱ぎ履きしやすい靴

子供でもつけ外しが簡単なマジックテープ。

1本ベルトタイプがおすすめ♪

 

[イフミー] ベビーシューズ スニーカー 新幹線シリーズ 

新幹線好きな子なら、気に入ってくれること間違いなし!

 

子どもが好きなデザインだと、自分から履く意欲が高まります。

 

履きやすさとしては、マジックテープ部分が上に持ち上がるから足入れがしやすい。

 

園靴には必須、名前書くところもわかりやすくてGOOD!
イフミーの靴はゆったりとしたデザインが多いから、甲高の子でも履きやすいですよ♪

 

 

[イフミー] ベビーシューズ スニーカー ライト

イフミーシューズの中でも軽量!元気に走り回れちゃう♪

 

片足が約60グラムしかない(13cm)!!これってとっても軽い!

 

履きやすさとしては、太めのマジックテープが1本だけだから付け外しが楽ちん♪

 

新幹線のスニーカーも同様に、プルストラップ付きだから着脱しやすい!

 

少し外側にプルストラップが付いているのわかりますか?
この少しのズレが、靴を履く時に指入れしやすい構造なんですよ♪

 

[アシックス スクスク] スニーカー ベビー アイダホ SPORTS PACK BABY

スポーツメーカーのスニーカーは機能性が抜群!

 

子供のつま先に合ったつくり、指がのびのび動かせるから足への負担が少ない。

 

履きやすさとしては、ストラップがマジックテープの部分にもついているから止めやすいです!

 

通気性のいい素材は汗っかきの子どもでも蒸れ知らず!園で楽しく走り回っても安心です。

 

スリッポンなら足を入れるだけ!

ベルトや紐がないから、ただ足入れをするだけ!

靴の履きやすさではとってもおすすめ♪

 

NIKE スリッポン

かかとと甲にプルストラップ付き!

 

ベルトや紐がないから、最初に1人で靴を履く練習をするのにはおすすめ♪

 

スリッポンだけど、甲を覆う部分が多いから脱げにくいのもGOOD!

 

 

スリッポンでもスポーツメーカーだから機能性も備わっています。
柔らかい伸縮性のある裏底は、足への負担が軽減されますよ!

 

[スキッポン] 姿勢がよく歩けるスリッポンシューズ 

伸縮性のある履き口だから足入れしやすい!

 

プルストラップがかかとにしか付いていないけど、伸縮性のある履き口だから足入れしやすい♪

 

 

乾きやすい素材だから、水の中でも使える!夏におすすめですよ♪

 

柄も豊富だから子供のお気に入りが絶対みつかる!

 

こんな靴は履きにくい!?

子どもが1人で履く練習をするのに避けたほうがいいデザインは?

  • 紐靴
  • すぐ脱げる靴
  • ハイカット

 

大人でも紐靴やハイカットの靴は履きにくいですよね…

サイドにファスナーがついているタイプもありますが、ファスナーの上げ下げは小さな子どもには難しい技です。

 

あとは履き口が広すぎる靴も避けましょう!脱げやすいです。

 

スリッポンの靴を選ぶときも、甲を覆う部分が広かったり伸縮性のあるデザインがおすすめです♪

 

持っている靴で履きやすくする方法は?

 

今、気に入って履いている靴があるんだけど…

それを1人で履きやすくする方法はないかな?

お子さんによっては、新しいものをなかなか受け入れてくれないこともあると思います!

せっかく新しい靴を買ったのに、履いてくれないなんて悲しすぎます…。

 

そんなときは手持ちの靴のかかとに、「輪っこ」を付けるだけで1人でも履きやすい靴になりますよ♪

 

靴のかかとに輪っこを付ける!

 

家にある紐で少し太めがおすすめです♪

細すぎると力を入れた時に指を傷つけてしまうので、少し太さのある紐がいいですよ!

おわりに

子どもに靴を1人で履かせる日が来るなんて、まだまだ先だと思っていましたが、ここまであっという間でした…。

 

つい親として何でも手を貸したくなりますが、子供の頑張りを見守ることも大切なんだと感じました!

 

何でも手を貸すよりも、子供が履きやすい靴を選んであげて、あとは見守るくらいでいいのです。

 

最後に「子供が1人で履きやすい靴」の選び方のポイントをおさらいしておきましょう♪

 

  • かかと部分にひも(プルストラップ)
  • はきぐちが広め
  • つけ外しが簡単な1本ベルト

 

繰り返し練習をすれば、すぐに自分の力で履けるようになりますよ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

コメント