自己紹介

プロフィール
スポンサーリンク

「まんまのブログ」に遊びに来てくださり、ありがとうございます☺
現在、2歳の男の子を育てているまんまと申します。

ここのブログでは、自分が初めて経験し妊娠・出産・子育てで感じた

不安や悩みにブチ当たった時の改善法や、これがあったら便利だった!というような

内容を経験をもとに書いています。

それでは、ここで簡単にこのブログを開設するまでの流れを…
スポンサーリンク

結婚して、7年後に授かった待望の我が子

7年と書くと長く感じるかもしれませんが、最初の4年間は子供を授かることには
意識はしておらず、「授かりものだから」という考えで受け身でした。

ですが次第に私達夫婦の年齢が、結構いい年まで来ていることに気づき、
そこから不妊治療を意識するようになります。

不妊治療を意識するも、最初の1年は病院には行かず様子をみる。しかし授からず。

本来であれば、それだけの期間妊娠していない状況だと「授かりたい」という思いがあれば
病院にいって、専門の治療を受けるべきだとは思っていましたが、
「不妊治療=多額の金額が必要」というイメージが強かったこと。

また、不妊治療に当てる金銭的な余裕がなかったのが正直な理由で、
病院には行かずにネットで調べて良いとされるものを一通り実践してみるも
やはり実らず。

不妊を意識しだして、2年目以降からやっと病院に通い出しました。

お金をある程度貯めてから、病院に行くことをやっと決心…。
病院で調べてもらった結果、とくに子供が出来ない理由がないという
なんともどうしょうもない結果を頂き、

とりあえず最初は、高度な治療はせずに病院でタイミング法を受けることに。
しかし、そこでも実らず…

そのあとは、年齢上の問題から担当医には本格的な治療に入ることを進められるも
その時点で、甘い考えかもしれませんが心が沈んでしまい
一時、おやすみをすることに。

それからしばらくして、自然妊娠。

待望の妊娠~出産!

ずっと願っていた妊娠。しかし、つわりとマタニティブルーなどで
心が滅入り始める。

そして、産後は「うつ」になりかける。

慣れない子育てに悪戦苦闘を繰り広げ、自分に自身をなくし
些細なことでも悩む日々。

すぐに誰かに相談した方が良かったのかもしれませんが、
良くない思考の時期だったこともあり、

「待望の赤ちゃんなんだから、悩みなんてないんでしょ?」
「子育ては大変なのは当たり前、ずっと待望んでいたんだから何も辛くないでしょ?」

と思われる気がして誰にも相談できずに、一人でモンモンとする毎日。

自分の殻に引きこもるというハイパー悪循環。

 

ハイパー悪循環ゾーンで培ったものを活かしたい!

ハイパー悪循環ゾーンで培ったのは「調べること」。

子育てで悩んだこと、困ったこと、不安に思っていることを調べに調べ倒して
自ら実践をするという、今思えばとても貴重な時間でした。

例えば…

✔ 妊娠しやすい、体作り。
✔ つわりでしんどくて、食べたら楽になるもの。
✔ 妊娠中、体重が増えすぎて妊婦さんでも試していいダイエット方法。
✔ 出産準備で必要なもの、いらないもの。
✔ 産後うつの症状は?
✔ 子育てがうまくいかない、どうしたらいいのか?
✔ 夫婦仲が悪い、どうしよ?
✔ 子育て中でもお小遣いほしいな~

など、大きな悩みから細かいことにまで悩んで調べて、試せるものは試していました。

 

そして、現在…

息子が生後半年くらいになった頃から、
夫や家族に支えられて、ハイパー悪循環モードから通常モードに戻れるようになりました。

そして、徐々に「妊活、妊娠、産後」のことまで思い返せる余裕が出てきました。

現在は息子も2歳になり、少しずつ子育てにも慣れてきた所で
自分が実際に悩んで、試してたことや、使ってみて良かったものなどを発信。

そうすることで、一人で悩んでいる人が偶然ここのブログに立ち寄ってくれた時に
まるごと1個の悩みは解決出来なくても、解決策の糸口になることを一つでも
提案できないかな?

という思いから、このブログをスタートさせました。

まだ、子育ては現在進行系で悪戦苦闘しているので
何が正解かわからない状況ではありますが、日々感じたことなども併せて
綴っていきたいと思っています。

年齢も30代後半に差し掛かり、おばさん臭がありますが
是非、見ていただければ嬉しいです。

 

念のため最後に簡単にprofileを…必要なかったらごめんさい。

名前:まんま
年齢:30代後半に差し掛かる
家族構成:夫・息子
住まい:北国
好きなもの:家族と、ジェジュンと東方神起、刺し身、面白いこと
嫌いなもの:意味不明なこと
ツイッタ-アカウント:https://twitter.com/snoopy07010701

 

コメント