【2歳児】幼稚園の1日入園までの道のり

子育ての悩み
スポンサーリンク

先日、4月から始まるプレ幼稚園の1日入園に行ってきました!!

入園する幼稚園には、2歳児クラスがあり

次の年、そのまま年少クラスに上がれるシステムです。

産まれてから2年間ずっと一緒に居たので(一時期少し働きに出ていましたが…)

この春からは期待より不安や寂しさの方が強いです。

それでは、2歳児のプレ幼稚園に入るために

今日までしてきたことを書いていきます。

今回の記事の内容についての注意事項です。

●入園した園は、面接や学力検査のない認定の幼稚園です。

●ここの園は2歳児クラスからありますが、園によっては年少からの所も多い状況です。

●あくまでも今回お話する内容は、我が家の場合なので参考程度として見ていただければ幸いです。

目次

8月「1日体験入園」の日に願書をもらう

子供を幼稚園に入れるのは「年少さん(3歳)」からだと

思っていましたが、希望する園だと年少から入園させるのは難しいと、

友人から聞いて(募集人数的に)慌てて、体験入園に申し込む。

✔幼稚園の体験入園は、入園する前の年の夏頃から始まっている園が多い。

ナイスタイミングで友人に教えてもらえたので、

体験入園に間に合っていましたが、なんの情報も知らなかったら大変でした。

いつか何かの形であちら側から、入園の案内みたいなものが

くるもんだと思っていましたが、来るわけ有りません。

もしかしたら、市町村によってはそういったお知らせがあるかもしれませんが

私が住んでいる町には、自分から調べたりする以外の方法はないようです。

幼稚園の入園案内の資料をもらい、体験入園の申し込みを

電話でしました。

✔体験入園の日に願書をもらい、入りたい希望のクラスを申告する。そこで受付の先生に言われた質問に?

体験入園の当日の持ち物としては

✔自分用のスリッパと、子供用の室内履き

✔筆記用具

(必要な物は園によって異なると思います)

服装は、私を含め周りの方たちも普段着でした。

受付時に、体験入園の申し込みの際に伝えている

名前・希望クラスを伝えます。

希望クラスというのは、その時に募集しているクラスです。

園によって募集人数や項目は違うとは思いますが、

ここの幼稚園は年少・年中・年長が複数名と

2歳児クラスが、週五コースと週三コースが各数十名と分かれていました。

ここでわかるように、ほとんどの募集が

2歳児クラスです。エスカレーター式のように

2歳の子がこのまま進級していくので必然的に年少クラスからの募集は

狭き門となってしまうのです。

そしてここで重要な一言が先生から言われたました。

「推薦枠ですか?」

推薦枠?とはなんぞや?

そもそもここの幼稚園は、2歳児クラスから上がってくる子だけではなく

兄弟枠(現在、同じ園に通っている兄弟がいる場合は優先的に入園出来る枠)と

「推薦枠」があり、園に在籍している友人や親戚の紹介があれば

兄弟枠と同じように、優先的に入園することが出来て

険しい願書の提出の日に並ばくてもいいという情報。

いや、「推薦枠」ではありませんと半泣きで申告。

だって、紹介してくれるような友達は今ここに通ってないんだもんね。

因みに、この推薦枠は7月上旬までに

在籍しているお友達に紹介してもらえればいいという流れ。

もし、入りたい幼稚園に友達などがいる場合は

情報を早め早めに聞いておくことが大事です。

推薦枠や友達紹介枠があれば、活用すべし。

そんなこんなで、

受付終了後は、園内で少し子供に慣れてもらうように

親子で一緒に遊んでから、子供を先生たちに預けて

1時間程、説明会を聞くことになります。

当たり前ですが、預けた子供のほとんどの子が

泣いてママの所に戻ってきます。

↑息子は戻ってきませんでした。というか教室で半分以上寝ていたようですw

そして、説明会が終わって子供を迎えに行って

この日は終了。

入りたい幼稚園の検討

人によっては、色んな園の体験入園に行き

書類をもらってきた上で、どこの園に入りたいか検討します。

私は、そこの幼稚園が理想的だったので他の所には

浮気せず、一択でした。

 10月徹夜で願書提出の為に並ぶ

なんの推薦枠も兄弟枠もない我が家は

ここの園はそれなりに人気があるので、受付時間に来ては遅いという情報を

聞きつけ。前夜から夫に徹夜で並んでもらう。

ここびっくりなんですが、夫は前夜20時ごろから並びましたが

すでに20人以上がならんでいたとのこと。

ある家庭は、祖父祖母も巻き込んで交代制で並んだり

ある家庭は、夫婦で交互で車で暖を取りながら並んだり。

そして我が家は、夫が一人で朝まで並んでくれました。

有り難い…。

主に、年少に入園させたい家族が先頭を制覇して

並んでいた状況でした。

前 年少・年長・年長

2歳児クラスの週五制

 2歳児クラスの週三制←我が夫

という感じの人気具合で、週三狙いの我が家は20番目くらいで並べている状況で

入園は確実となりました。

10月のもう寒い北国の屋外で

子供の為に1晩過ごしたのは勲章だと、今でも夫はそう言ってくれる

素晴らしい人です。

無事願書提出

朝方6時頃、園長先生と数人の先生達が園の中から登場し

願書と、希望のクラスを再確認 し解散という流れ。

朝、7時前に冷え切った夫は

やり切った様子で無事に帰ってきました。

そのあと、同日の10時からが本来の願書受付時間となり

すでに我が家は願書を提出しましたが

制服合わせや、詳しい受付の為に再園し手続きを済ませ終了しました。

その時点でほとんどのクラスの募集が終了していましたが

徹夜で並ぶ情報を知らなかった方達も複数いた状況でした。

やはり、何事も前調べは大切です。

この日に貰った書類

✔家庭の状況報告書

✔子供の発育報告書

✔制服の注文控え書

✔自動振り込み申込書

これを記入して、2月の「1日体験入園」の日に提出します。

2月上旬「1日入園」心が折れる

そして、先日行ってきました「1日入園」。

最初に受付で、提出書類と制服代を渡して

制服をもらう流れです。

✔この日も、皆さん普段着でおめかししている人はいませんでした。

 (けど、これは園によるかもです)

そのあと、子供は入園体験をしている間に

親達は、説明会を聞く流れです。

しっかし、最近私にべったりな息子は開始数十分で

ママー(´;ω;`)と登場。

入園まであと2ヶ月ないのに、

親子共々、離れられるのかが心配になり心が折れました。

しかし、園長先生が説明会で行った言葉

「2歳児クラスの子は最初たくさん泣きます、けど親が思っている以上に

子供は薄情です。すぐにママ・パパが居なければ泣き止みます」ときっぱり。

そうだといいなと思い、逞しい子供になってもらう為に

子離れがんばります。

まとめ

最後に、大事なことを何点か…

✔情報は早めに!1年前から情報収集を!

✔体験入園や1日入園など、可能であれば夫婦で、ママの気が楽になります。

✔兄弟枠・推薦枠が可能な幼稚園であれば、駆使する

✔親離れ子離れは徐々にやっていく

というな感じです。

何でも情報は早め早めが大事です。

去年の12月頃、遠くに住んでいる息子と同い年の子供をもつ友人から連絡があり

幼稚園・保育園はどうするの?という内容の相談が…

私の状況を話して

友人は、慌てて近くの幼稚園に問い合わせましたが

その時点では新しい年度からの入園は出来ないと断られたとのこと。

なので、情報を待つのではなく早めに調べてみてください!

あと、体験入園などは夫婦で行けた方が良いです。

子供が大泣きした場合でも、旦那さんに見てもらえれば

しっかり話を聞けるので、ママは安心です。

という感じでしたが、

4月に入園式を迎えたらまた、続きを書く予定です!!

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント