【夫婦円満】仲良し夫婦でいるための秘訣5つ&子供にも良い影響を与える?

趣味・雑記
スポンサーリンク

最近、コロナの影響で夫が家にいることが増えた…一緒にいると急激に喧嘩増えたんだけど。

まんま
まんま

どうしても一緒にいる時間が長いと、相手の色んなところ見えてくるからね…しかもこの先行き不安な雰囲気とか、夫婦仲を悪くする要素あるよね。

 

「コロナ離婚」という言葉を最近よく聞きますが、身近な友人も夫婦仲の悪化で悩んでいました。

 

今までは適度の距離感を持っていたのが、急激に近づくのだから衝突することが増えやすいと思います。

しかも、この先行き不安な状況だと経済的にも将来的にも家の中に嫌な雰囲気が漂ってしまいますよ。

 

今回は、そんな状況を打ち破るように仲良し夫婦でいれる秘訣や意識すべきことについて、お話します!

あくまでも主観です!!

 

こんな人に読んでもらいたい内容です。
✔ 夫婦仲の良好を保つ方法を知りたい。
スポンサーリンク

「仲良し夫婦」でいるための秘訣を5つ!!


新婚当時や、付き合いたての恋人同士なら長い時間一緒に過ごしても苦にはならないと思います。
そして、干渉しお互いを知り合うのも必要かもしれません。

 

ただ、結婚して数年も経つと「ほどよい距離感」が夫婦には必要だと思っていて、夫婦円満の鍵だと思います。

 

我が家は、言い争うような夫婦喧嘩をしたことがない。

私が一方的に不機嫌だったり、産後の情緒不安定だった時は若干微妙な雰囲気が流れたことはあります。

「夫婦ケンカ」といえば、お互いを傷つけ合うような言葉や、激しい言葉遣いなどがあるとは思います。

我が家は、結婚して8年経過しますが1度もありません。

 

こういう話をすると、「それって夫婦としてどうなの?」とか「互いに興味がないからでしょ?」とか言われたりします。

 

なんなら、「ケンカするほど仲がいいんだよ!」とか言われますが、私はそうは思いません。

 

夫婦は所詮他人、違うところがあって、あわないところもあるのだから、そこを責め合って喧嘩しても仕方ない。

なら、お互いを信頼して気持ち良い関係でいよう!というのが、私達夫婦の考えです。

 

日頃からそう思うように、常に心がけている秘訣をお話します♪

 

まんま

因みに、私達夫婦のモットーは親しき仲にも礼儀あり!

①相手に過剰な期待はしない

自分が相手に何かをしてあげたからといって、相手からも同等なことが返ってくるとは思わないようにしてます。

 

期待をして裏切られるほど、悲しいことはありませんよね?

そこから生まれる気持ちのすれ違いから、夫婦仲を悪くすると思います。

相手に期待をするのではなくて、「求めていること」、「してほしいこと」を相手に口に出すことが手っ取り早いです。

 

…と思いながら生活をしていて、急にサプライズなんてあったら跳び上がるほど嬉しくなりません?笑

 

まんま
まんま

期待はせずに求めていることは、素直に口に出しましょう!!

②腹八分目で接する

「これ言ったら、怒るよね」「ムカつくから、相手が傷つくことを言ってやりたい!」と思って吐きだす言葉って、言った直後はスッキリするけど、後々だいたい後悔します。

 

相手の悲しむ顔をみて申し訳なく思ったり、かと思えば逆ギレされて関係は悪化したり…

 

明らかに相手が傷つくような言葉を発そうとしている時は、一旦口にするのやめましょう。

 

言いたいことや、やってほしいこと、自分が求めていることを満足いくまで求めようとしても、人の欲って無限です。

 

だから、夫婦仲良しでいるためには相手も一人の人間として考えて、きちんと欲の限度を見つけだしてみませんか?

 

まんま
まんま

腹八分目くらいに、控えめに接していたほうが品があって素敵な人にも

見えますよ!

 

③感謝の気持ちをもつ

「ありがとう」の言葉は、腹八分目にはしない!

これ以上言えない!!っていうくらい伝える。

 

感謝の気持ちは、小さなことでもどんなことでも感じた時に伝えましょう!

 

「ありがとう」の言葉って魔法だと思っていて、どんなにイライラしていても感謝の言葉を不意討ちに言われるだけで、心が柔らかくなるんですよね。不思議。

 

なので相手に求める言葉を使うよりも、感謝の言葉をたくさん放出しましょう!

 

そうしていると、自分にもたくさんの素敵な言葉が戻ってきてくれますよ♪

 

感謝の言葉ってつい言い忘れるんだよね…、感謝を感じたときには必ず伝えるようにするわ!

 

④二人の共通の趣味をみつける

夫婦で同じことをする時間や、共通の趣味があるのは大切です。

 

映画を一緒に観たり、美味しいもの食べたり、一緒にスポーツをしたり…なんでもいいので、共通の好きなことがあれば会話に困りません。

 

夫婦は長い期間過ごしていると、ネタが尽きるという感覚がどうしても出てきます。

「ネタが尽きる」=「マンネリ化」が夫婦の間に溝ができて、すれ違いが生まれて夫婦仲が微妙に…

 

夫婦が一つでも好きなことが一緒のものがあれば、話題は尽きませんし楽しい時間を過ごし続けることができます!

 

まんま
まんま

夫とは出会って十数年一緒にいるけど、共通の趣味があるから未だに話が尽きない!ちょっと気持ち悪い笑

 

⑤個人の趣味や時間も尊重する

共通の趣味や二人で過ごす時間はもちろん大切ですが、それぞれの個々の時間も大切です。

 

その時間で好きなことをしてもいいし、自分を見つめ直す時間にしてもいい。

相手との距離があったほうが、思い合えることもあります。

 

しかも、相手が好きなことをして楽しそうにしているのを見ているのって嬉しくないですか?

人生楽しくなさそうにされるより、笑っていてくれたほうが安心しますし!

 

だから、個人の時間が尊重しあって、一緒にいる時は楽しい時間を過ごすのは、夫婦関係を良好に保つには大切なことだと思います!

 

私も産後すぐは自分の時間が全くなかったとき、心に余裕がなくて夫に気持ちをぶつけてばかりでした。

 

さずがにその時ばかりは、我が家にも嫌な雰囲気が漂っていました…。

 

自分のことを尊重してくれるから、自然と奥さんにも優しくできるんだよね。

 

こんな感じのことを我が家で常に意識して、結婚生活を過ごしてきました。
おかげで、今回のコロナで先行き不安な状況下でも、夫婦間に暗雲は立ちこめてません。

夫婦仲良しでいると、子供にも良い影響?

夫婦が不仲だったり、喧嘩が多いのは子供にとっていい環境ではないというのは、考えなくてもわかることだと思います。

 

では夫婦関係が良好だと、どんな良い影響を子供に与えることができるのでしょうか?

 

自己肯定感が高い子供になる

両親が良好な関係を築いている姿をみていると、自己肯定感が高い子供になるようです。

 

日常的に楽しそうに会話をしている姿をみていたり、「ありがとう」「ごめんね」を素直に言い合えている姿を見ていると、自己肯定感が高い子供に育ってくれます。

 

逆に、夫婦仲が悪い状況を見ている子供は「原因は自分にある」と感じてしまう子もいるそうです。

そうなると自分の存在を否定し、自己肯定が低い子供になってしまいます。

 

汚い言葉を遣わなくなる

親をみて子は育つという言葉があるように、両親が汚い言葉で罵り合っている姿を見ていると、子供は親の真似をして同じような言葉遣いになってしまいます。

 

挨拶ができる子供になる

両親が日常的に挨拶を交わし合う良好な関係を築いているだけで、それを見て育つ子供も当たり前のように、挨拶ができる子になります。

 

夫婦として良好な関係でいるだけで、子どもにもいい影響しかないのなら、努力する必要があるね!

おわりに

いかがでしたか?

今回は「我が家の夫婦仲良しでいる秘訣」について書きました。

とはいえ夫婦関係は、種々様々あって、環境が違えば今回の話は全く当てはまらないこともあると思いますが、

夫婦仲を良好にしたい!と思っている方が、「我が家の夫婦仲良しの秘訣」のどれか一つでも、関係が良好になる良いきっかけに繋がれば幸いです!

 

 

 

コメント