【感想】フリースタイル分娩って知ってるかい?分娩室には布団が敷かれていた。

プレママ
スポンサーリンク
妊婦さんの友人A
妊婦さんの友人A

私が出産する産院では、「フリースタイル分娩」しているみたいなんだけど、どんな感じなんだろ?ちょっと怖いな…

まんま
まんま

私はフリースタイル分娩を体験したよ!自由に好きな感じで出産していいよってゆう、とてもシンプルなものだったよ!

最近だと、いろんなスタイルで出産できる産院が増えてきています。

 

その中でも、私が経験した「フリースタイル分娩」は聞いたことがない方法だったので、不安でしかなかったけど、シンプルで思い出に残る出産となりました。

 

今回は「フリースタイル分娩」のお話です。

こんな人にオススメの内容です!
✔ 「フリースタイル分娩」が出来る産院なんだけど、どうしようか悩んでる。
✔ 実際にどんな感じなのか知りたい。
✔ 分娩台は使わないってこと?ちょっと不安だな…
スポンサーリンク

フリースタイル分娩とは…

まさしく、「好きなように、自由に出産する」ということですが、一般的に使う分娩台を使わないお産方法です。

 

フリースタイル分娩といっても、基本はママの意向に沿って出産を進めるものですが、産院によってが全く分娩台を使わなかったり、わたしが出産した産院のように分娩台も用意しているが、あくまでもママがその時に楽だと感じる場所で出産するというものでした。

 

メリット

自分が楽だと思う姿勢でお産できるので、分娩台に固定されるよりストレスフリー。

自力でお産するという感覚が強い。

楽な姿勢で陣痛に耐えることで、不安や恐怖が和らぎ痛みを緩和する。

ママがリラックスしていると、赤ちゃんにもスムーズに酸素を届けるころが出来るので、赤ちゃんへの負担が少なくなる。

 

メリットとして大きいのは、ママがリラックスして出産が出来るということ。
ママが落ち着いて呼吸することで、赤ちゃんにもスムーズに酸素送れるようになります。

デメリット

フリースタイル分娩をする場所によっては、医療体制が整っていない場合があるので、緊急時の対応の際はすぐに処置に移行しずらい場合がある。

フリースタイル分娩ができる産院が少ない。

出産時、なかなか楽な姿勢を見つけることが出来ずに、混乱してしまう場合がある。

・吸引分娩など急を要する出産になった場合、医療体制を整えるのに時間がかかる産院もあるようです。
私の産院では、緊急時にもすぐに対応してもらえるところでしたが、対応は産院によって違うと思います。

実際に体験してみて、フリースタイル分娩の感想

最初に「バースプラン」を考えてくださいと言われるも、よくわからない。

私自身が最初から、フリースタイル分娩をしたくて産院を選んだわけではありません。

 

「近所にある産院だから通いやすい」という理由で、決めたので「フリースタイル分娩」や「バースプランを考えて」と言われても、最初は何も考えられませんでした。

 

というのも、出産に対して不安や恐怖が強かったので、「とりあえず無事に産まればいい」ということしか考えられませんでした。

 

お腹が大きくなるにつれ、考えるようになった「赤ちゃんにとって、負担のない出産」

お腹が大きくなり、胎動を感じるようになるに連れて、お腹の赤ちゃんの存在が大きくなってきました。

 

その頃には、お産の不安や恐怖よりも「この子が楽に産まれるようにするには、どうしたらいいんだろ?」と考えるように。

 

その流れから、赤ちゃんやママに負担がない出産方法を調べていくうちに、「フリースタイル分娩」という言葉をしっかり理解できるようになってきました。

 

やっとその時に、「どんな出産にしたいか?」と考えるようになりました。

フリースタイル分娩は、「自分の力で産む!」という意識が必要になる。

医療に極力頼らない出産をする「フリースタイル分娩」は、ベースとしてママが産みたいようにリラックスした環境で出産をするというもの。

 

医療のちからを借りずに、自然な流れで出産をするということは、ママに必要なのは「赤ちゃんが産まれてきやすいからだづくり」。

 

妊娠中から厳しい体重管理や体力をつけておくのが必要になります。

 

しかし、私は妊娠中にありえないほど太ってしまい、何度も怒られていました。

 

それでも出産はきちんと出来ました!
けど後にわかりますが、太りすぎると出産はしんどいものになります。

事前に聞いてはいたがビビった。陣痛が始まって分娩室に入るとあったのは、布団と特大ビーズクッション。奥にひっそり置いてある、「分娩台」

 

自分なりに「フリースタイル分娩」について事前確認はしてました。

 

また、結局バースプランの詳細は決められず…助産師さんには、「その時の流れで最善の形で出産する」というのが私のバースプランにする旨を伝えました。

 

いざ陣痛が始まって、分娩室?に入ると、世でいう分娩室とは違っていたことにちょっとびびり…

 

薄暗い部屋の中に、ヒーリングの曲が流れ、布団とビーズクッションが部屋の真ん中に置かれている状態。

 

こんな状態で出産が出来るの?と一瞬不安を感じました。

 

しかし人間は不思議なもので、陣痛が強くなるにつれ好きな体勢になりたくなり、かがんだり四つん這いになったり、横になったり…自分の楽な体勢を探すようになります。



好きな姿勢で陣痛を耐えるのは安心できて、これこそがフリースタイル分娩なんだと再認識しました。

 

産院では、出産時の立ち会いする人は自分が希望する人であれば誰でも良くて、家族以外の友達でもいいとのことでした。

 

当然、助産師さんもそばにいてくれて不安に感じたときなどはすぐに対応してくれるので、かなり安心な環境で陣痛に耐えていました。

 

陣痛が始まって最初の方は「痛い!耐えられない!」と思うことが多々ありました。

 

しかし、自分が選んだリラックスした環境で出産をすることで、余裕が出てくるようになり呼吸を意識できるようになります。

 

自分にとってベストな呼吸法を見つけることで、痛みはかなり和らぎ「赤ちゃんも頑張っている」という心理に代わり陣痛がきても耐えられるように。

とはいえ、痛いですよ。

 

陣痛11時間のすえ、赤ちゃんの動きが少し弱くなってしまった。病院側から分娩方法を変えてみることを提案。

フリースタイル分娩が思うように進まなかったのは、わたしが妊娠中に太り過ぎたのが原因だと思われます。

 

体重が増えて、産道に脂肪がついた事が原因で赤ちゃんが、スムーズに降りてこられないという状況になってしまいました。

 

だんだん私自身の体力が無くなり、赤ちゃんの呼吸も弱まってきたことから、吸引分娩をしましょうか?という話になりました。

 

まずは、分娩台に移動することになったのですが、その移動の際に赤ちゃんが上手に下におりてきて、分娩台に乗ってから5いきみくらいで、ドゥルんと赤ちゃんが無事に誕生しました。

 

なんとか、吸引分娩にはなりませんでした。

 

産まれてすぐに、私の胸の上に赤ちゃんを乗せてへその緒は繋がったまま)そのまま、カンガルーケアをしました。

あの、産まれたての温かい赤ちゃんの温度は一生忘れません。


陣痛のことや、裂けた膣の処理の痛みは、チクチク程度しか感じません。
母親ってすげーと我ながら思いました。笑

 

 フリースタイル分娩を終えて…

フリースタイル分娩は、自分が好きなように出産をするというものですが、わたしの場合は最後に分娩台を使って出産に至ることになりました。

 

状況によって、出産方法を変えて最善の方法を選ぶという流れは、「完全にフリースタイル分娩ができた」と思っています。

 

イメージしていた出産とは違った分娩方法でしたが、とてもインパクトのある一生忘れることがない出産だったと思います。

 

結局、痛みや辛さはあったか?と言われたら、初産でフリースタイル分娩をしたので比べる対象がなくてはっきり言えないのですが、「思っていたより、落ち着いて出産が出来た」という感想です。

 

痛かったのは間違いありませんが、ビビリで痛みに弱く注射も苦手な私でも耐えられる出産でした。

おわりに~出産方法はどうであれ、無事に産まれてくれれば全部いっしょ

この記事を読んでいる方の中には、フリースタイル分娩に不安を感じていたり「どんなものなの?」と思っている方が多いと思います。



私も、出産前は鬼のように調べまくりました。

 

けど、実際の自分の出産は調べ尽くした中にはないものでした。

 

とりあえずわかったことは、よく皆が言っている「赤ちゃんが産まれたら痛みなんて感じない。」みたいな言葉は本当だと、個人的に思いました。

 

それは、どんな分娩スタイルでお産をしても、関係なく感じるものだと思います。

 

これから出産を控えてる方が、無事に赤ちゃんが産まれてくることを願っています!

 

 

 

コメント