【母乳育児】先輩ママが伝えたい、母乳がたくさん出る効果的な方法!

子育ての悩み
スポンサーリンク
まんま

最近、母乳の出が悪いみたい…

できたら卒乳までは母乳育児をしたいけど、母乳がたくさん出る方法はないかな?

私自身、母乳育児は悪戦苦闘の日々でした。
頻回授乳で激痛に襲われたり、母乳の出が悪くて思うように赤ちゃんの体重が増えなかったり…。

 

けど、1歳過ぎまで完母で育てることができました。

 

「母乳で育てたい!」と思っているけど、母乳の出が悪くて悩まれる方に私が実践して効果があった「母乳の出が良くなる方法」についてお話します♪

 

こんな方におすすめの内容です。
✔母乳が足りていないような気がする、もっと増やしたいんだけど…
✔卒乳する日まで、完母で育てたい!

 

 

スポンサーリンク

「母乳育児をしたい…」母乳がたくさん出る効果的な方法!

「できたら、完母で赤ちゃんを育てたい…」
けど、思うように母乳が出ていないみたいで、赤ちゃんがよく泣く。

 

そんな時に思うのがミルクと混合にした方が良いのかな
私も同じように幾度と悩みました。

 

そんな私でも、息子を1歳を過ぎるまで母乳育児を続けられた方法をいくつか紹介します。

 

バランスの良い食事を摂る

3食バランスのとれた食事を心がける

良質な母乳を出すには、バランスのとれた食事を3食しっかり食べることが大切です。

食事の内容は「和食」がいいと言われていますが、私が助産師さんに指導してもらった内容としてはは、「主食・主菜・副菜・乳製品」バランスよくとれば、和食にこだわらなくても良いとのこと。

 

しかし、個人的にはカロリーを取りすぎないように3食とるには、「和食」が向いているのかな?と思いました。

 

白米は積極的に食べるようにする

授乳をしている期間は、ひたすらお腹が空きます。

育児の疲れから、つい菓子パンや簡単な麺類に手が伸びますが、主食を「白米」にするだけで母乳の出がだいぶ良くなりました。

 

白米は母乳の主成分であり、体のエネルギーとなる炭水化物です。炭水化物が不足してしまうと、ママが低血糖になる恐れもあるので、毎食白米を1膳は食べるようにしましょう。

引用:こそだてハック

まんま

白米をメインに食べることは、すぐ実践できそうだね♪

 

 

母乳が出やすくなるお茶を飲む

母乳は血液からできていますが、「水分」も多く含みます。

 

摂取する水分を、ただの水にするのではなくて「母乳の出が良くなる」飲み物に変えるだけで、かなり効率よく母乳が作られるようになります。



私が藁にもすがる思いで見つけたハーブティーを飲んでから、母乳の出が良くなったのでご紹介しますね

 

公式サイト>>母乳育児ハーブティー【ほほえみママミルクブレンド】

 

このハーブティーは育児系の雑誌にも掲載されているので、見かけたことがあると思います。

 

ハーブティーと聞くといて母乳育児をしているのに、カフェインは大丈夫なの?と心配になりますよね。

これは、授乳中の方でも飲めるノンカフェインなので大丈夫ですよ!

 

★個人的にお気に入りポイントだったのは…

⭕オーガニックハーブなので、安心してガブ飲みできた。
⭕これを飲むと身体が温まる。冷え性も改善された気が…
⭕ハーブがリラックス効果をもたらしてくれたので、産後の情緒不安定が落ち着く。
まんま

実感率&リピート率が98という、すごい人気なんだよね。
リピート率がこれだけ高いのは、効果があるってことなんだろうね。

このハーブティーを飲み始めて、ちょっとすると胸が張るようになりました。


このお茶を飲むのと同時に、食事のバランスを気にするようになったという理由もあると思いますが、母乳の質がさらさらになった気がします。

 

何よりも、それまでは母乳パッドの出番がなかったのに、必須使になるくらい母乳の出が良くなったことにはびっくりしました。

 

気になる方は、公式サイトを覗いてみてくださいね♪



初回60%OFFキャンペーン中、今ならお得に試せますよ♪/

母乳をあげる回数を増やしてみる

母乳が足りていない?と感じた時、真っ先に思いつく「ミルクを足そうかな?」

 

これも、助産師さんに言われたのですがミルクを足すよりも、まずは授乳回数を増やしてみては?と言われました。

 

赤ちゃんが欲しがる時に頑張って吸わせる

赤ちゃんがおっぱいを欲しがれば、授乳間隔を気にせずに授乳をする。

 

赤ちゃんにおっぱいを吸われることによって、母乳の分泌を促すホルモンが活発化することによって、どんどん母乳の出が良くなりますよ。

 

これは母乳が出ている、出ていない関わらず「咥えさせる」ことが重要なので、頑張って試してみてください!

個人的に、搾乳器を使う並に効き目があったと感じています!

 

赤ちゃんが寝てばかり…、搾乳器を使うのも手!

とはいえ、お腹が空いていてもやたら寝る赤ちゃんも居ますよね。

授乳時間が開いてしまうと、母乳を作るホルモンも「もう、おっぱいはいらない?」と勘違いをして、母乳の作られる量が減ってしまいます。

 

その場合は「搾乳器」を使ってみてください!

 

 

母乳は出せばその分また作られる仕組みです。

意識的に母乳を絞り出すことを繰り返すことによって、母乳量が増えるようになります。

私も頻回授乳で胸が切れてしまい、直接の授乳が困難になってしまった時に使用しました。

 

関連記事:さく乳器は母乳育児に必要?実際にさく乳器を使った感想と、おすすめのアイテムを紹介!【プレママ必須】

 

睡眠をよくとる


授乳と夜泣きで、満足に睡眠が取れていないママが多いと思います。


睡眠不足になると自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスも崩れてしまいます。
それが原因で、母乳が減ってしまう可能性があると言われています。

 

睡眠を続けてとれなくても、「細切れ睡眠」でも産後のママの体力回復には充分。
時間帯に関わらず赤ちゃんが寝たら、ママも一緒に寝るようにしましょう!

 

ストレスを溜め込まない

「母乳の出が悪い」
「赤ちゃんの夜泣きで眠れない」
「子育てが、うまくいっている気がしない」
「自分の時間がなくて、ちょっと子育てが辛くなってきた…」



悩みやストレスを抱えると、睡眠不足同様にホルモンバランスが崩れて母乳の出が悪くなります。

 

実際に私も、産後にうつっぽい症状が出てしまいました。
その時は、母乳の出が悪く、赤ちゃんも泣く時間も多く本当にしんどかったです。

 

これじゃヤバいと思い、実家に帰り睡眠をとったりストレス発散をすることによって、気持ちに余裕ができて明らかに授乳がスムーズになりました。

 

何をしてもだめなら、母乳相談に行ってみましょう!

ママなりに色々試してみても、なかなか改善されない…、赤ちゃんの体重が減ってしまう…
こんな状況になったら、母乳外来に行ってみることをおすすめします。

 

お子さんを産んだ産院でも、母乳外来をやっている場合があります。

まずは気軽に相談してみるだけで、ママに合った的確なアドバイスがもらえるかもしれませんよ。

 

完全予約制のところが多いと思いますので、まずは電話で相談してみましょう!

\このサイトから調べてみるのもいいかも!/
お住まいの地域で、母乳育児相談をしてくれる場所を検索できます!

桶谷式母乳育児ママサポートサイト

 

 

おわりに

どうでしたか?
母乳育児をしたいママ、完母でできるだけ育てたいと思っているママってたくさん居ますよね?

 

最初からスムーズに授乳が出来て、赤ちゃんが満足いく量を飲ますことは難しいと思います。



けど時間と共に、赤ちゃんがおっぱいを飲むことに慣れてくると自然と母乳量も増えてきますよ!
それまでは、ママが今できることを色々試してみてはいかがでしょうか?

 

<最後に一言>
母乳をいっぱいだすには、水分をたくさん摂って白米を毎食食べましょうね

\水分はこのお茶から摂って、母乳量が増えました!/

コメント