【ベビーバス】は必要?不要?3種類のベビーバスを使ってみた感想。【一番使ったのは?】

プレママ
スポンサーリンク

初めての育児で初っ端から手こずったのが「沐浴」

ふにゃふにゃの赤ちゃんを、片手で頭・首・耳(耳は塞ぐ)を支えて、
もう片方の手で体を洗う。

至難の業です。

 

出産準備をしている中で、ベビーバスを一つ用意していましたが、
後にまさかの2つ追加して、TOTAL3つ使用しました!

 

今回は悪戦苦闘の末、3つの使った感想と、一番使ったベビーバスの話をします。

 

まんま
まんま

沐浴の時間が一番、緊張したな~
産院で沐浴の練習はするけど、マスター出来ないで退院したから不安でいっぱいだったよ。

スポンサーリンク

ベビーバスは必要?どれくらい時期まで使うもの?

もし出産準備の中で、「ベビーバスは必要」かな?と悩んでいる方がいれば即答します。
「必要です」

 

新生児の赤ちゃんには免疫力が無いので、細菌に感染しやすい状態です。

そのため、ママ・パパと同じ浴槽には入れないで、赤ちゃんだけをお風呂に入れて
清潔を保つ必要があります。

 

小さな赤ちゃんだけを沐浴させるのに、よく売られている「ベビーバス」の大きさは適度で、
ママ・パパにとってもお風呂に入れやすい大きさです。

 

もしベビーバスの代用品となるものがあれば、わざわざ買う必要がないかもしれませんが、何もない状態であれば、購入することをおすすめします。

けど、沐浴は生後1ヶ月まででしょ?それ以降は使わないならもったいない。

赤ちゃんだけをお風呂に入れる、沐浴の時期は生後1ヶ月頃までです。

一緒にお風呂に入れるようになったら、ベビーバスは必要なくなると思うかもしれませんが
お風呂にいれる時に、ママが一人の状況であれば、ベビーバスを使ったほうがいいと思います。

 

生後1ヶ月を過ぎても、赤ちゃんの首は座っていません。

そんな状態の赤ちゃんをママひとりで大きなお風呂にいれるのは、慣れるまでは
不安だと思います。

 

私も、しばらくはバスタブで一緒に入浴することはありませでした。

生後1ヶ月を過ぎても怖かったので、ベビーバスを生後5.6ヶ月まで使っていました。

 

商品にもよりますが、ベビーバスは生後6ヶ月くらいまで使える仕様になっています意外と長い期間使えるんですよ!

 

値段も1000円台から買えるものがあるので、沐浴しやすさと安心を買うと思えば安い買い物だと思います。

実際に使った3種類のベビーバスの感想

それでは購入した順で…

その①

値段は2,000円台から~売られています
⭕しっかりとした安定感がある
⭕頭にクッションや滑り止めが付いている
⭕結構重い、置き場所に困った

出産準備の段階であらかじめ用意しておいたのがこの商品です。

置いた時にグラグラすることがなく、安定感のある地にしっかりつく感じ。

 

お風呂を入れる時に、赤ちゃんの後頭部にママの支えが無くてもいいように頭を置く所にクッションがついています。

 

しかし、新生児の赤ちゃんを寝かせて入浴させる勇気はなく…

自分の手で、常に後頭部を持ち上げていたので、クッションの機能を活かせませんでした。

本来は、お風呂場で沐浴を予定していたのですが、冬場の浴室があまりに寒かったことがあり洗面所で…

このベビーバスだと重たくて持ち運びが、ちょっとしんどかったです。


その②

 

値段は2,000円台から~売られています
⭕ビニールに空気を入れてつかうタイプ
⭕股部分にストッパーが付いていて、ずり落ち防止が出来る
⭕傾斜が付いている

この空気を入れて使うタイプが人気のようです。
周りの友人たちも、このタイプのを使っていました。

 

この商品の一番の特徴は、股にくる部分にストッパーが付いていること。

このストッパーがあることによって、赤ちゃんのお尻は安定するのでママが楽に沐浴させれるというもの。

 

しかし、新生児のふにゃふにゃの赤ちゃんを座らせて沐浴させることには私には難しく、使いこなすことができず…。

このベビーバスが一番使いやすかった!どシンプルで一番安い!


その③
👑一番長く使って、個人的に使いやすかったのがこの商品!

安いものだと、1000円前後から売られています
⭕ビニールに空気を入れてつかうタイプ
⭕ストッパーも傾斜も付いていないどシンプルな形
⭕値段が一番安い

使った3種類の中で、一番シンプルで安い商品が使いやすかったですよ。

2個目に紹介した商品の、股ストッパーがついていないのと背もたれも傾斜になっていないどシンプルな長方形。

良かった理由

洗面所やキッチンのシンクで使いやすかった。

沐浴が必要だった時は、冬だったので浴室は赤ちゃんには激寒と思い
途中から、洗面所で沐浴をすることに。

べビーバスをシンクにはめ込んでいましたが、2つ目で紹介した商品もシンクに入れることは可能でしたが、この商品が一番しっくりフィットしました。

股に支えがない方が、体を洗いやすかった

2つ目で紹介した商品と違うのは、大きく言えば「ストッパーが付いていない」
これが重要な違いで、個人的には断然付いていないほうが沐浴させやすかった。

メリットのはずのストッパーが、赤ちゃんの体を洗う時に邪魔になりました。

ストッパーがあることで、自分の腕を自由に動かすことができなくてかなり手こずってしまいました。
ストッパーが無いほうが、赤ちゃんの体を色んな方向から洗いやすかったです。

 

本体に引っ掛けフックが付いているので、浴室にかけておけばすぐに乾く

これは商品によるかもですが、このタイプのものにはだいたい
引っ掛けフックが付いているので、使用後のベビーバスを乾かしやすいです。

 

大きさが新生児を入れるには程よく、大きなベビーバスより安定感があった。

余計なデザインが無く、程よい大きさなのでとにかく沐浴がしやすかった。
変に大きいものだと、気にしなければならないことが増えるので(手を滑らせて溺れたり…)

 

大きすぎないこの形だと、何かあってもすぐに瞬時に対応できる大きさなので
安心して沐浴ができました。

ベビーバスはどんな感じで使っていた?

生後1ヶ月までの「沐浴」の時期は…

洗面所のシンクにベビーバスをはめて、使っていました。

我が家の場合だと、風呂場よりも洗面所であれば室温が調節できるので赤ちゃんを安心して沐浴させることができました。

 

また、ママにとっても洗面所だとしゃがむ必要がなく、
立ったまま楽な姿勢で洗えるのが非常に良かったです。

 

生後1ヶ月から~
基本、沐浴期が終わればパパ・ママと一緒に、お風呂に入ることができます。

しかし私には、大人が入るバスタブという大海原で、小さい赤ちゃんを自分一人で入れる勇気がなかったので、生後5.6ヶ月くらいまでは、ワンオペの時はベビーバスを使っていました。

 

ベビーバスは生後1ヶ月を過ぎたら使いみちがない…と思うかもしれませんが、夏だと、ちょっとした水浴び用にしてもいいし、意外と長く使えますよ。

おわりに

どうでしたか?
思えば、沐浴の時期なんてあっという間で終わってしまいましたが…

 

一番、感じたことは。

可能であればママが慣れるまでは、パパに沐浴してもらったほうがいい!
パパのほうが手が大きいし、器用にお風呂を入れてくれます。

 

とはいえ我が家の場合は、ほとんど私がお風呂に入れていたのですが、ふにゃふにゃの赤ちゃんを、毎日お風呂に入れるのは本当に大変でした。

 

その中でも、コツをつかむために色んな方法を試してみたりベビーバスを変えてみたりしましたが、結局はシンプルが一番ということがわかりました。

 

コメント