【哺乳瓶の消毒】オススメの方法はレンジ消毒/消毒液/煮沸消毒?一番手軽なのは…

プレママ
スポンサーリンク
妊婦さんの友人A

哺乳瓶の消毒方法ってどれがおすすめなんだろ?

簡単に出来て、衛生的な方法を知りたいな~。

哺乳瓶の消毒方法どの方法がいいのか私も迷って、全部とりあえずやってみた人です。

 

生活スタイルや、1回で消毒する量には個人差があるので一概には言えませんが

全部試してみた感想だと、断トツでレンジ消毒です。

 

私が試した全ての消毒方法と、とくにおすすめしたいレンジ消毒についてお話していきます♪

 

スポンサーリンク

哺乳瓶は消毒が必要!どんな方法があるの?

 

生後間もない赤ちゃんはとくに免疫力が低いので、口にするものには消毒が欠かせません。

とくに哺乳瓶類は、一日に何度も使う利用回数の多いものです。

 

それを使用後、入念に洗っては消毒を繰り返すのは結構な労力なのは間違いありません…

子育てで疲れているママは、なるべく手間を省きたいですよね?

 

私も自分の生活スタイルにあった方法を見つけるために、3つの消毒方法を試しました。

まずは、それらを紹介します!

 

レンジ消毒

 

 

やり方はとっても簡単で、専用の容器に哺乳瓶類(キャップ・乳首・部品)をすべて入れ、数分レンチンするだけです。

 

哺乳瓶を使わないときには、保管ケースとしても使えるのでおすすめです。

個人的にはこの方法が一番簡単で、時間もかからないのでお気に入りの方法でした。

 

詳しくは、下でも詳しく書きます♪

 

消毒液

 

この商品も実際に使っていたもの。

容器や消毒液、哺乳瓶類を容器から取り出す際に使うトングが全てセットになっています。

 

やり方は、容器に水と消毒剤を入れて1時間以上漬けておくという方法。

容器に漬けておくだけだからラクじゃない?と最初は思っていましたが、消毒後が個人的に手間がかかりました。

 

消毒剤のニオイが気になったので、徹底的に乾燥させてから使用。

そのために自然乾燥では乾かなった部分は、キッチンペーパーで一つ一つ拭く必要があり…

 

これってすごい手間。いや、これは個人的な感想ですよ。

 

ただメリットもありました!

哺乳瓶の使用数が多かったり、哺乳瓶以外にもおしゃぶりや歯固めのおもちゃも消毒したい時には、1度で大量に消毒できたのでGOOD♪

 

ちなみに、1度作った消毒液は24時間使えます。

ミルク育児がメインの方で、哺乳瓶をたくさん使う方には消毒液での方法が合っているかもしれません!

 

煮沸消毒

 

煮沸消毒は、改めて買い揃えるものがないので初期費用はかかりません。

 

自宅に鍋と、トング(煮沸したものを鍋から取り出すときに使う)と水があれば。

 

やり方は、鍋に水を沸騰させて、消毒したいもの入れます。

そいで、哺乳瓶が浮いてこないよに押さえつつ5分くらい煮沸させればOK!

 

熱湯から取り出して、放置しておくとすぐに乾くのでこの方法も便利♪

 

ただ気がかりなのは…以下2点。

✔お湯を沸騰させるまでに時間がかかる
✔お湯を沸かす光熱費が気になる

 

気になる点はこれくらいなので、母乳育児をメインにしていて、あまり哺乳瓶類を消毒する機会が少ないママにはオススメの方法です!

 

哺乳瓶の種類によっては、熱湯に弱いものもあります。
煮沸消毒する際は、哺乳瓶の扱い表示を確認しましょうね♪

その他、哺乳瓶の消毒で気になること!

赤ちゃんのこととなると、神経質になっちゃうんです。
あんまり気にし過ぎちゃダメだとわかっていても…最低限のことはしておきたいと思うもの。
私が哺乳瓶の消毒にあたり、気をつけていたことも書いておきます。

消毒後はどうしておく?

消毒後はどのやり方でも共通で、完璧に乾かすようにしていました。

 

せっかく消毒したのに、水滴が残った状態で保管していたら、雑菌がわくような気がしたので水滴にはかなり気を使っていました。

 

こんな感じのを使って、哺乳瓶の中まで乾くようにしてました!けど、こーゆーのだったら百均にもありそう?

いつまで哺乳瓶の消毒が必要?

一般的には、赤ちゃんの免疫力が高くなる生後4~6ヶ月くらいを目処にやめるかたもいるようです。

 

そのへんからは、入念に手洗いをする!!という感じのようですが…

正直、季節によっても気をつけたいところだと思います。

 

夏場は暑さで菌が繁殖しやすいし

冬場は何らかのウィルスが怖いし…←怖がりすぎかも。

 

なので私は、レンジ消毒で負担を感じていなかったので、哺乳瓶を使わなくなるまでは消毒し続けていました♪

 

手軽で時短!おすすめのレンジ消毒

これが当時に使っていたもの。

久しぶりに出したらとっても懐かしい気持ちになりました…(T_T)

 

我が家は、母乳育児で胸の痛みがあるときは搾乳器でとったものを哺乳瓶で飲ませていました。

使う頻度としては、完全ミルクの方よりは少ないという感じ。

 

この商品だと、哺乳瓶3本分が1回で消毒できます。

我が家の場合は1回で、哺乳瓶1本と部品・搾乳器の消毒がこれで出来ましたよ!

 

 

レンジ消毒のいいところ!

 

 

 

この商品は3.000円以内で買えて、めちゃくちゃ使っていたのでかなりコスパがいいと思っています。

 

コンビ ・電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょ~ずαのお気に入りポイント

⭕洗った哺乳瓶類を容器に入れて、レンジで5分でおしまい!

⭕レンジ完了後はアツアツ!容器から取り出しておけば、自然乾燥ですぐ乾く!

⭕部品を入れる小物ケースが付いているのがGOOD👍

⭕取り外しが簡単で、丸洗い出来るから衛生的♪

 

これを使うようになってからは、消毒をする時間がかなり省けたので出会えあて良かったと思えた商品です。

 

私が紹介した商品以外にも種類はあります!「哺乳瓶 消毒 レンジ」で検索掛けてみてください
もっとご家庭に合うものがあるかもしれません。

 

電子レンジ消毒のデメリットをあげるなら…

当然ですが、デメリットもありました。

✕哺乳瓶の種類によっては電力レンジ自体がだめで、使用不可な場合がある。

✕紹介した商品に限ってかもしれませんが…加熱後に取り出す時、若干蒸気に怯える。

✕電気代がちょっと気になる

 

まんま
まんま

こんな感じでちょっと微妙なところもあったかな…。

けど、私にはそこまで大きく気になることではなかったので、使い続けていましたよ♪

 

 

おわりに

今回は、哺乳瓶の消毒オススメの方法について書いていきました♪

内容をまとめると、

 

・哺乳瓶の消毒方法には(レンジ・消毒剤・煮沸)の3種類ある

・個人的に一番手軽だと感じていたのが、レンジの方法!

 

ってなことでした。

つい赤ちゃんのこととなると神経質になっちゃうママも多いかな?と思います。

 

周りからはある程度の月齢(4ヶ月くらい)になったら、そんなに神経質にならんくていいよ!と言われたりもしました。

 

私もそう思います。

ただ、ママが負担がないようであれば気が済むまで続けるべきだとも思います!

 

ママがやりやすい哺乳瓶の消毒方法が見つかれば、苦痛なく続けられますよ♪

お互い育児頑張りましょう!

 

 

ほぼ母乳育児でしたが、搾乳器を使っていたので哺乳瓶も使っていました♪
【母乳育児】搾乳器(さくにゅうき)は必要?いらない?私には必須でした。
母乳育児を考えている場合に必要になる可能性が高い、さく乳器。 今回は実際に体験したさく乳器について書いてます!宜しければ見てみてください♪

 

 

 

コメント