【ベビーベッド】使う?使わない?生活スタイルによって決まる!

プレママ
スポンサーリンク
妊婦さんの友人A
妊婦さんの友人A

ベビーベッドはやっぱり必要?使わない人は全く使わないって言うし
買って使わないとか、嫌だな…

まんま
まんま

ベビーベッドを使うかは、それぞれの生活スタイルによって違うからね。我が家の場合は、用意したはいいけど実際に使ったのは、
途中の3ヶ月間だけだったよ。

 

出産準備をする中で用意するか悩む人が多いのが「ベビーベッド」

 

今回は、我が家ではベビーベッドは結局あまり使わなかった理由と、逆にこんな家族には必要なのでは?というお話です。

スポンサーリンク

ベビーベッドはほとんど使わなかった

ベビーベッドの必要性は、それぞれの生活スタイルによって違ってくるとは思いますが、買ったわいいけど使わなかった!という話を結構聞きます。

 

私も散々悩んだ挙げ句、自分たちで買おうと決めたタイミングで、知り合いから借りれることになったのでラッキーでした。しかしほとんど使いませんでした。

 

同じ布団で寝ていた

最初は、夫婦のベッドの横にベビーベッドを置いていましたが夜泣きと、夜中の幾度となる授乳で赤ちゃんをベビーベッドから移動させるのが結構な労力に…。

すぐに布団を敷いて母子で寝るようになりました。

 

一緒の布団で寝ると、オムツ替えや授乳がしやすかったり、何より、泣いた時にすぐにあやしてあげれるのが一番良かった点です。

 

ただ、布団で一緒に寝ることにも良い面・悪い面があったのでお話します。

因みに我が家の生活状況は…
⭕ペットを飼っていない
⭕兄弟いない
というような感じです。
この生活スタイルだから、ベビーベッドはほとんど不要だったのだと思います。

メリット

オムツ替えや授乳など、赤ちゃんのお世話がとても楽。

赤ちゃんが泣いたら、すぐにあやしてあげれる距離なので安心

同じ布団にいると、私自身が体を起こさなくてもいいので、身体的に楽。

布団だとベッドのような弾力がないので、授乳の態勢が取りやすかった。

 

基本的に、赤ちゃんのお世話が非常に楽だったというのがあります。

 

時期的に、夜中の授乳もおむつ替えも頻繁なので、その都度立ったり抱き上げたりの動作がしんどいので同じ布団だと心身ともに楽でした。

デメリット

誤って寝ぼけたママが赤ちゃんのスペースまで入ってしまったら危険。

ベビーベッドには、赤ちゃんのスペースが確保されていますが、同じ布団で寝ている場合、
誤って赤ちゃんをつぶしてしまう可能性があります。
地べたに布団を敷くので、ほこりやダニなどが心配。

ほこりがたまりやすい床の近くで布団を敷くことになるので、こまめに掃除をしたり
ダニを防ぐためにいつもより布団を干す必要があります。
赤ちゃんに興味津々な、兄弟やペットがいたら危険な場合もある。

年の近い兄弟がいる場合、産まれたてのかわいい赤ちゃんへの興味から
頑張って触れたくて、つい乱暴な感じで触ってしまい危険な場合もあります。

 

ベビーベッドを実際に使った期間はどれくらい?

一緒の布団で寝ていたのは、生後100日頃までです。

 

そこからは、約3ヶ月間だけですがベビーベッドを使用していました。

 

一緒に寝ていた環境から、赤ちゃんをベビーベッドで寝かせようと思ったきっかけは、赤ちゃんの体が少しずつ大きくなり、同じ布団で寝るのには狭く感じるようになりました。

 

赤ちゃんが大きくなるにつれて、「寝ている間に赤ちゃんを潰してしまうかも?」と考えることが増え、私自身が熟睡できない状態…。

睡眠を整えるために別々のベッドで寝てみることにしました。

 

そのあとは、生後7ヶ月くらいまでベビーベッドを使用していました。

 

しかし赤ちゃんが寝返りや動きが激しくなってくると、ベッドの柵に体をぶつけるようになったので大人のベッドと繋ぐような状態で、シングルベッドを買い足しそこで寝かせています。

 

我が家では、ベビーベッドを使った期間は3ヶ月ほどの短いものでした。

 

ちなみに、レギュラーサイズのベッドを使っていました。

ベビーベッドが必要な家庭

我が家にとっては、ベビーベッドが一時的に使って、そこまで必要としませんでしたが、ライフスタイルによっては必要だったり、あったほうが生活しやすい家庭もあると思います。

 

ペットを飼っている
年の近い兄弟がいる
安全面で一緒に寝る事に不安を感じる方
将来的に、早くからネントレをやりたいと考えている場合
衛生面を気にする方

 

ベビーベッドが本当に必要か悩む中で、「〇〇だから、ベビーベッドが必要かも」と思うことが2つ以上ある場合は、用意しておくことをおすすめします。

 

ベビーベッドには大きく2つのサイズがある

一般的に販売されているサイズには2種類があります。

 

部屋の大きさや、ベビーベッドを置く場所に合わせてサイズを選ぶことをオススメします。

⭕レギュラーサイズのベッド (内寸サイズが長さ120cm×幅70cm)

2歳くらいまで使用可能



新生児から、2歳になる頃まで長く使えるのがこのレギュラーサイズ。

 

結構な大きさと圧迫感が思った以上のあるので、置く場所の確保が難しい場合があります。

 

大きさと重たさがあるので、移動させて使いたいという方にはオススメしないサイズです。

 

⭕小型サイズのベッド (内寸サイズが長さ90cm×幅60cm)

6ヶ月くらいまで使用可能

 

コンパクトサイズは、レギュラーサイズより長さが30cm、幅が10cm小さいです。

 

新生児から、半年くらいまでの短い期間の使用だけで考えているのであればコンパクトサイズで充分だと思います。

 

日中は目の届くリビングに置いて、夜は寝室に移動させたいと考えている場合は、コンパクトサイズがおすすめです。

 

ベビーベッドと併せて、ベビー布団も買う場合はサイズの確認が必要です!
布団にも同様サイズがありますよ!

ベビーベッドの代用品

ベビーベッドを置く場所を確保出来ないし、ベッドにお金をかけたくない!

 

だから一緒に寝ようかと考えているけど、安全面でちょっと不安がある…という場合は同じ布団やベッドで寝た場合でも、赤ちゃんのスペースが確保できる「ベッドインベッド」がオススメですよ。

 

ベビーベッドは買わないでレンタルする人が多い

ベビーベッドを買うと高い!というイメージが先にくるかもしれませんがそのあとに困るのが使い終わったあとの、ベビーベッドの行方。

 

短い期間でスマートに使いたい!と考えている場合は、レンタルが一番良いです。

 

「買ったわいいが、使わなかったらどうしよう…」というストレスが無くなります。

 

DMMいろいろレンタルでベビーベッドも借りられる!
実際に、私に相談してきた友人は色々考慮したうえで、レンタルサービスを利用することにしたようです。結構安く借りられると喜んでいましたよ♪

おわりに

どうでしたか?出産準備をする中で、悩むことの多いベビーベッドの有無!

 

私も散々悩みました!

我が家は、状況としては無くても良さそうだったのですが、みんな使っているものだし。

という考えから一時期は使いましたが、結論は無くても対応できたと思われます。

 

ただ、家庭によっては2.3歳になるまで使い切る子もいるようなので、もし準備したなら親としてはギリギリまで使い続けてほしいと願うところですね♪

 

コメント