【2歳児のお目覚めは4時】早起きが過ぎる!急にどうした?対策法はあるのかな?【それとも一緒に朝活?】

子育ての悩み
スポンサーリンク

am4:30

おここ
おここ

まんまぁ、朝だよ~おっきしなきゃ夜になるよ~

まんま
まんま

いや、今の時刻が夜に近いから…
今日も早起き過ぎるでしょ。

最近、生活のリズムに何か変動があったようで、4時台に目を覚まし朝を告げてくれる息子。

 

夜泣きは相変わらず落ち着いていますが、

最近の悩み、それは朝の目覚めが早過ぎることです。

夜泣きもキツかったですが、連日の早起きも堪えます。

 

 

スポンサーリンク

早起きはえらい!!けどちょっと早すぎ…何か原因はあるのかな?

この早起きになったのも、最近の話でそれまでは朝6時過ぎに起きるのが基本でした。
しかし何がきっかけだったのか…、原因はあるのでしょうか?

ある日突然、なぜ早起きになってしまったのか原因

よく言われている早起きの原因は。

✔ 運動不足
✔ 昼寝の時間が長い
✔ 寝心地が悪くなり、目覚めてしまう(気温など)
✔ 外の明かりに反応している

それでは、我が家の状況と当てはめてみます。

✔ 運動不足

冬は、北国に住んでいるため長時間の外遊びをさせることができません。
日中の外活動としては、雪が降っていない時はスーパーへの買い物に行き
その道中、外で遊んでいる状況です。
それ以外は、家の中でパワフルに遊んでもらう感じです。

運動不足や1日分のエネルギーが消費出来ていないことが、大きな理由かもしれません。

 

✔ 昼寝の時間が長い

朝4時代に起きているので、午前10前には完全におネムモードです。
そこからは2.3時間の昼寝をします。

 

✔ 寝心地が悪く目覚めてしまう(気温など)

今は少しづつ暖かくなってきていますが、とはいえまだ朝方は
マイナス気温と、プラス1.2度を行き来している状態です。
朝方の寒さから目が冷めてしまっているのかもしれません。

 

✔ 外の明かりに反応

外の明かりについては、この時期の4時台はまだ夜のように暗いので、
明かりは関係なさそうですね。
因みに遮光カーテンなので、万が一、朝の光が入ってきてもカーテンを開けるまでは
多分気づかないのでは?と思います。

 

まんま
まんま

何だか、早起きの原因はうすらうすらわかってきた気がするけど

本人の体調とか健康面では心配ないのかな?

2歳児の理想睡眠時間

本来は早寝早起きは正しい生活のリズムを送る為には大切なことで、
早起きする息子を、褒めるべきなのかもしれません。
そもそも、2歳児の理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

1歳~2歳は、1日11時間~14時間が理想的(お昼寝を含めて)

因みに息子は、お昼寝が2.3時間、夜は20時に寝ていて、
今は起きるのがだいたい4時台…簡単に計算したら、トータル10時間30分くらい?

これだと、少し平均睡眠時間より少ない?

早起き過ぎるのは、体に害はないの?

充分な睡眠時間が取れない場合に、成長ホルモンの分泌量が減り、
骨や体が形成されにくくなるようです。

ただし、これはあくまでもトータルの睡眠時間が足りない場合に起きうる話。

睡眠時間はそれなりに取れていて、ただ早起きなだけであれば
とくに健康面などの悪い影響はないようです。

おここ
おここ

おいらは、風邪も引かないし平均身長・体重を若干上を行っているくらうだから、そんなに心配いらないよ!

まんま
まんま

とくに体に悪い影響がないのであればね…安心だけど。
けど、毎朝予定の起きる時間より1.2時間早く起きるのは
ちょっとしんどいぞ。どうにかならんかね。

朝起きる時間を調節することは可能か?

①就寝時間を遅くして、後ろにずらしてみる。

30分から1時間ほど寝る時間を遅くずらして、起きる時間を遅くさせるという方法。

 

②日中、充分に体を動かして夜は熟睡させる。

起きている時間に、思う存分体を動かすことによって、夜中や朝方に
目が覚めないようにする。
夜は熟睡させること、ほどよい時間にスッキリ目を覚ますとが出来る。

 

③朝早くに目覚めた場合は、「まだみんな寝ている時間だよ」と教えてあげる。

早起きは悪いことではなので、まずは「早起きしてえらいね~」と褒めてあげる。
その後に、「まだ朝じゃないから寝ようね」と再度寝るように促す。
それを回数こなすことで、朝早くに目覚めても、また寝入ってくれる。

 

④諦めて、本人の生活リズムが変わるのを待つ。

この超絶早起きリズムが、ある日突然訪れたように、
今度は、このリズムが元に戻ることを願いながら待ち続ける。

 

⑤パパママも朝活を始めてみる

④項目に繋がる内容ですが、元のリズムに戻るまでは
両親がストレス化しないように考え方を変えてみて

「朝活」を始められるという意識に切替る。

なかなか起きる時間を変えるのは難しそうだから
パパママがどんなに早く起こされても
ストレスと感じないように意識を変えた方がいいのかも…

おわりに

夜泣きが終わったかな?と思ったら今度は、超絶早起きが開始するという…
子育てには休まることがないものですね。
とはいえ、子供が寝て起きる時間が親の思い通りにしようとしていること自体
良くないのかな?とも思いました。

子供が早い時間に起きても健康的でいれるのなら、また生活のリズムが変わるまで
私達自身が早寝早起きを心がけて、超絶早い朝を楽しめるくらい余裕を持ちたいと
思いました。

1.2.3歳は睡眠時間のことで、ママパパはたくさん悩むことが多いと思いますが
この時期も、「今だけ」と思って共に頑張りましょう!!

 

コメント