【産後のママ】産褥期はパパの思いやりひとつで、ママの回復力は変わってきます。

プレママ
スポンサーリンク

赤ちゃんが産まれて幸せなはずなのに、体がしんどかったり、悲しい気持ちになったり…色んな感情や体の変化が辛い。

赤ちゃんを頑張って産んだあとも、ママは心身ともに辛いことがあるんだ…僕になにができるかな?

スポンサーリンク

パパには、「家事は後回しでいいよ」というスタンスだけでも、ママの心は落ち着く

妊娠をして、出産が終わると赤ちゃんとの幸せな毎日が送れるような気がしますが、
産後のママは幸せなことばかりじゃなくて、赤ちゃんのお世話と家の事…

むしろ産後の方が大変なことが多いのです。

ママの負担を軽くするには、まずパパがママのしんどさに気付いてあげること。

もし、ママが泣いていたり、突然機嫌が悪くなったり情緒不安定な様子が多くて、
ちょっとしたことでも、パパに噛み付いてくるようなことがあったら、

それはママの「SOS」サインだと気付いてあげて欲しいです。

とくに産後1ヶ月のママは心身ともに不安定なことが多いので、パパが率先して家事などを
やることが理想です。

しかし、パパには大切な仕事がありますよね、産休を取っていない限り
「率先しての家事」はかなり難しいと思います。
であれば、ママには「家事は後回しでいいんだよ、自分を労ることに専念して」という
スタンスでママと接してほしいです。

産後1ヶ月(産褥機)に優先するのはママの体、家事は後回しでOK

産後のママの体は見た目以上に、ダメージを受けています。
そんな中で赤ちゃんの子育てをしながら、家事をそれまで通りにやるのは無理です。

里帰り出産をして家族の力を借りたり、パパが育休をとれるようなサポート体制があることが
理想ではあります。

サポート体制が整わないようであれば、とことん家事しなくていいように
ママの家事に対する「出来ること」のレベルを下げましょう。

産後の家事はとことん手抜きで

とくに産後一ヶ月は「床上げ」の状態でママには過ごしてもらい、家事は無理のないように
今までの10分の1レベルで充分だと思います。

床上げとは
いつでも横になれるように、布団は引きっぱなしが理想。産後1ヶ月を目処に
徐々にからだを以前のように戻していくこと。

 

食事

食事内容は、汁物・主食・お惣菜でも充分だと思いませんか?
お惣菜は買ってきたものでも、スーパーによってはきちんと栄養を考えられているものも
多くなってきました。

けど、もうちょっとバランスが整った食生活にしたい!と思う場合は
食事宅配サービスを利用してみるのもオススメです。

栄養管理士が栄養バランスを考慮した食事宅配サービス

公式HP⇛食事宅配サービス【食のそよ風】

買い物

新生児の赤ちゃんは、1ヶ月検診の日まではなるべく外出は控えるように
病院でも言われると思います。

しかし必ず必要になる、日用品や食材の買い物…
自宅にママと赤ちゃんしかいない状況だと買い物にはいけませんよね。
必要になってくるのはネットスーパー。

時間があるときに、気分転換にネットショッピングも出来て、買ったものを自宅まで
届けてくれるのは産後のママには嬉しいサービスです。

公式HPママに嬉しい特典イトーヨーカドーのネットスーパー

掃除

体力を必要とすることが多い掃除は、主に赤ちゃんが生活している部屋だけ中心にする程度で
いいと思います。

洗濯物を畳むとか、掃除機は汚れが目立って気になってきたらかけるとか…
頻度を抑えて無理のない程度にすることをオススメします。

ただ産後のママはデリケートで、赤ちゃんがいる環境をキレイにしていたいと
思うママも多いかと思います。

私自身が、赤ちゃんがいる生活の中でかなり潔癖症になっている部分がありました。

汚いのは嫌だけど、体を動かすのが辛いというジレンマを溜め込むと逆にストレスに
なります。

そう思うママは、家の掃除は満足いくまで必要になると思います。

ただ産褥期は水を触るのもあまり良しとしないので、そんな時は家事の支援サービスを利用。
お住まいの市町村にそういったサービスがないか確認してみましょう。

現に私が住んでいる街にも、市から産後に家事代行サービスを受けられるチケットを貰えました。

可能であれば活用したいですね。

しかし、そういったサービスがない場合は、有料の家事代行サービスを利用するのも手です。
正直ママ自身では、そういった有料サービスは利用することを躊躇してしまうと思うので、
そこはパパが、家事代行サービスについて調べて上げることでママも興味を示してくれるかもしれません。

産後の辛さを少しでも楽に…家事代行サービスがおすすめ

家事代行サービスときくと、家政婦さんだったりお手伝いさんというイメージがあり
一般家庭では利用しにくいのでは?と思いがちだと思いますが
最近だと、共稼ぎの夫婦や子育て中のママパパ、そして単身者にも気軽に利用されているサービスなのです。

とくに産後ママの負担を減らすために、利用されることも増えてきています。

おすすめ

家事代行サービスの公式HP⇛お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

家事代行サービスはたくさんの企業がありますが、おすすめしたCaSy は最安値を売りにしながらも、厳しい審査を受けた信頼のおけるキャストが来てくれるので安心ですよ。

おわりに

私自身が産後1ヶ月が心身ともに辛い時期でした。

夫が仕事で忙しく家事に参加できる状況ではなかったので、定期的に母親が来てくれましたが
相当助けられました。有り難かったです。

私のような状況は恵まれている方だと思います、世の中にはワンオペ育児をしっかりこなしていたり、こなそうと頑張っているママもたくさんいます。
しかしその中には、育児に葛藤し密かに大変な思いをしているママがたくさんいるのも事実です。

そこにパパや家族の方が気付いて、何かしらのケアをしてあげるだけで
ママの産後の回復も早くなり、楽しく一緒に子育てが出来るようになりますよ!

おここ
おここ

ママが元気でいてくれるのが一番嬉しいもんね♪

 

 

コメント