【出産準備】円座クッションは必要?と悩まれている方。お尻にお花が咲いた私には欠かせませんでした。

プレママ
スポンサーリンク

 

出産準備中なんだけど、まんまにとって必須だったものって何?

まんま
まんま

円座クッション。

忘れられがちだけど、私には必要だったなー。

出産準備リストの中に入れ忘れがちだったり、購入を検討しているうちに買いそびれてしまうことの多い円座クッションですが、必要な方にはとても欠かせないアイテムです!

スポンサーリンク

円座クッションの必要性

・そもそも円座クッションとは?

ドーナツ型のクッションです。今回おハナシするような産後に使えるだけではなく、

腰痛持ちの方や痔の方にも多く使われているのが円座クッションです。

最近だと、色んなデザインの物が売られているので、どんなタイプがいいのかな?と悩まれている方は、使いたい時期や好み硬さや感触などで選ぶことをオススメします。

・円座クッションの使いみち

円座クッションは、産後に使うだけではなく腰痛持ちの方や、痔の方などお尻のケアをしたり、傷跡などを地面に直接当たらないように保護するために使われます。

円座クッションは産後だけに使うものだと思っていたけど、用途は

さまざまなんだね。

授乳クッションと円座クッションを兼ね備わったデザインもあります。

赤ちゃんが産まれて授乳期に入った時に、授乳クッションとして使えるものもあります。

お尻のケアだけではなく、いろんな用途で使いたいと考えている方には両方兼ね備わったデザインをオススメします

授乳クッションとして販売されている商品ですが、こちらはクッションとしても使えます。

何より、帝王切開で出産された方にオススメなポイントとして、ママのお腹を守りながら授乳出来るので、授乳時に赤ちゃんが不意にぶつかってしまっても、傷口に当たりにくい仕様になっています。

 

・円座クッションの必要性は?

経膣分娩での出産される予定の方や、日頃から腰痛を持っている方であれば必須のアイテムです。

ただ予め、帝王切開をされる方で腰痛も気にならないという方であれば、出産後に必要と感じた

時の購入でもいいのかな?と個人的には思います。

円座クッションはどんなタイプがあるの?

低反発系

出産後は、お尻が敏感になっているのでなるべく患部に刺激を与えないようにしたい場合は、

「低反発」クッションがオススメです。

低反発はお尻を優しく包みながら座ることができるので、長時間の使用でも楽ですよ。

また、高反発タイプのものより安めの商品が多いので、産前・産後の短い期間だけの使用であれば

低反発をおすすめします。

低反発タイプですが、高密度の低反発なのでしっかりもっちりとした硬さ。
長時間座っていても疲れにくいです!お尻の形にそって変形してくれるのはデリケートになっているお尻には嬉しい!
カバーが取り外しが出来るので、汚れてもお洗濯らくらくです♪

低反発でも値段が結構違うのね~

けど、なんだかんだ高いほうがいいのかなー。

まんま
まんま

高いに越したことはないと思うけど、

短期間しか使わないつもりなら安くてもいいんじゃないかな?

とりあえずお尻の患部さえ守れれば!

高反発系

ウレタンフォーム(※)がみっちり入っているので硬めの仕様。へたりにくく、長い期間使い続けることができます。

しかし、産後すぐの使用だと硬さが患部に障って気になるかもしれません。

低反発クッションだと沈んでしまい、物足りないと感じる方には高反発タイプがおすすめです。

※ポリウレタンを発泡させて硬化させたもの。硬めのスポンジといった感じ。

程よい硬さがあるので、お尻が痛くなりにくいです。しかも、前傾斜になるデザインなので座っているだけで、姿勢がよくなります。産後は授乳を続けているとどんどん前かがみになって姿勢が悪くなってしまうので、こういったクッションを使って姿勢を意識するのもオススメします。

硬めのクッションなので、ヘタれにくく長持ちします。マジックテープが肝で、この部分が
座った時に形が崩れにくくしてくれて、形状を維持してくれます。
少し変わっている形をしていますが、患部や痔の箇所に当たりにくい設計になっています。

 

★もうすでに「痔」が出来てしまった場合には、漢方で治してかなり楽になる方法もありますよ!!
ただ、妊娠中や授乳中の方はお医者さんへの相談が必要です!詳しくは👇で確認してくださいね♪
漢方パワーが痔をスッキリ!
★お尻のトラブルや、出産時お股がデリケートになってしまった時に最適!
患部に刺激を与えないように、塩素を除去できるシャワーヘッドもあるんです。
ありそうでなかった商品!便座に取り付けるだけですぐに使える優れもの!詳しくは👇で確認してくださいね♪
温水便座の塩素対策に【クリンワシュレ】

おわりに

最後に私自身のハナシをすると、もともと「痔」持ちではありませんでしたが、出産時に

お尻に一輪の「花」が咲いてしまったことがきっかけで痔になってしまいました。

そうなると、地べたに直接お尻をつけて座ることが不可能です、痛くて座れません。

産院であまりにも痛そうにしているので、「円座クッション」を貸してくれたのですが

座った瞬間の有り難さは一生忘れません。w

それくらい、助けられたアイテムでした。

最初に言ったように、もともと「痔」持ちではないので出産しても円座クッションは

必要ないでしょと甘く考えていましたが、全く無理でした。

会陰切開もしたので、なおさら必要だったんだと思います。

退院後に真っ先に家族に買いにいってもらったくらい生活には必要過ぎました。

最初から用意しておけばよかったと後悔したくらいです。

ただ、全く必要ない人もいるのでまだ悩まれているので、あれば必要になってからの

購入でもいいと思いますよ!!

おここ
おここ

全く使わなくてもったいないのは嫌だもんね!

 

コメント