子育て悩みあるある。怒った後の罪悪感、叱る?怒る?伝える?【2歳児の子育て、失敗の連続】

子育ての悩み
スポンサーリンク

うちには2歳になるガウガウ息子がいますが難しい時期に入ってきました。

以前もイヤイヤ期について書いていますが相変わらず試行錯誤中…

 

日々、知恵をつけて色んな事が達者になっていく息子を優しい目で見守るという、お花畑な状況は難しくなっていて戦っていることが多いです。

まんま
まんま

戦うといっても「息子」と戦うのではなく

自分の理性との戦いです。

スポンサーリンク

怒るのではなく「叱る」それが大事なのはわかっている

おそらく最近の私は息子が危ない事をしていたり、度を過ぎるいたずらをしていたら理性に任せて、「怒る」ことをしていると思う。

 

まだ2歳の子供なので世の中分からないことだらけだから、色んな事に興味があるし色んな失敗をして、成長していくこともわかっているがついつい大きな声が咄嗟に出て注意をしてしまう…

 

きっと注意の仕方もいいやり方ならいいが、その後に罪悪感がちょっと生まれるということは

理性が勝っている怒り方をしているのだと思う。

 

よく子育て専門家の先生達は口を揃えて教えてくれるのが、

怒っては駄目よ!何かあれば叱るに徹しましょう!

同様の事を主人も言う。

まだ小さい子供に怒っても意味がないよ?叱る方がいい。

おっしゃることは、わかっているんですがそんな理想的な対応が日々子供と一緒に過ごしている私を含め、たくさんのママ達も出来る人がいるんだろうか?

「怒る」と「叱る」の違いは?

怒るは、自分の思いどおり行かなくて感情に任せて腹を立てていることををぶつけること。
叱るは、相手の為、いわゆる子供が危ない事をしないように、アドバイス的な感覚で話すこと。

をおおまかに言うらしい。

簡単に言うとそのままにはなりますが、自分の為に言っているのか?子供の為に言っているのか?

そして、冷静に対応しているか?していないかということですかね。

 

それだったら、私の場合はやっぱり怒ることの方が多いのかも…

 

自分の思い通りにしたいとう感情よりも、子供が危ないことをしていたらまずが大声をあげてしまっています。

まんま
まんま

「こぉるぁ!!!!」

その声に子供がびっくりするという流れ。

 

怒りに任せて勢いで言うと威圧感しか、子供の頭に残っていないようだ。

 

大きな声を聞いて、その時はびっくりして手を止めるかもしれませんがなぜ怒られたかは理解していない感じがします。

上手な「叱り」方は?それよりも「伝える?」

1番のポイントは、感情をぶつけないことが前提ですが次に大切なのは、「i(自分)」メッセージで思いを伝えるということ。

 

例えば危ないことをしていたら、

あなたが危ないことをして怪我をしたら

悲しいんだよ?わかるかな?

と自分の気持ちを伝える。

 

そうすると、自分の意思で物事を考えて行動出来るようになる。

 

威圧的に怒られたら、何で怒られたかを考える前に反抗の気持ちやママは怒ってばかりだ!っとなりますね。

叱るのではなく、「伝える」のが正しいのかも

もうここまで来たら「叱る」も当てはまらない気がしてきた。

 

怒るも叱るも出来るだけ避けて、素直な思いを子供に「伝える」という事が大事なのかもしれません。

 

しかし、先頭でも言いましたが日々の中で常に「伝える」という事をするのは正直難しいです。まずは、「一呼吸」が必要。

 

まんま
まんま

すぅぅぅぅぅぅーーーはあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

言葉に出す前に、1度 深呼吸をしてから気持ちを伝えること。

 

深呼吸だけじゃ足りなかったら、その場から一瞬でも逃げてトイレに籠る!

そして、気持ちを落ち着かせてから行動に移したほうが最初はいいですね。

まとめ

子供が危ないことや、大いにいたずらをしていても声をあげて注意をするのではなくて心配だから、それ以上しないでね…って気持ちを伝える。

 

そもそも赤ちゃんから3.4歳くらいまでの子供は、何が悪くて良いのかわかっていないですからね。

 

心配だから、悲しいから、危ないから…この感情を先に「伝える」ようにするとだいぶ、自分の中でモヤモヤがなくなると思います。

 

本当に子育てとは難しいです。

 

つい数年前までは、自分中心に生きていたのに今は会話がままならない子供に対して、気持ちを伝えたり教えたりするのは、こんなに難しいとは想像していませんでした…。

コメント