授乳時の痛みは辛い…解決法と、オススメ乳頭保護クリーム【ピュアレーン】

産後のこと
スポンサーリンク

妊娠から産後まで、ママたちはたくさんの体の変化が起きます。

 

私自身も、出産後の体の悩みで大きかったのは、授乳によって起きた「乳頭の激痛」です。

 

これは、断乳をしたその日まで戦っていました…その時の経験も踏まえ、今回は乳頭ケアについてお話します!

スポンサーリンク

⭕授乳によって起こる、痛みの原因

私が通院していた産院では、完母を推奨している産院でした。

 

妊婦健診の際に、授乳時の痛みを軽減する為に乳頭を柔らかくする「乳頭マッサージ」をマンツーマンで教わっていました。

 

まんま
まんま

マンツーマンで教えてくれたのは、女性の助産師さんですので

ご安心を!!

完母で育てるとなると、授乳は頻繁に行います。

 

それにプラスして、生まれたての赤ちゃんは、咥え方も下手なので乳頭はどんどん荒れたり、傷が出来ていきます。

 

それを放置していくと、どんどん痛みが増すようになり幸せな授乳の時間が苦痛となっていきました。

 

まんま
まんま

いや、放置できないくらい痛いんだわ。

私はどれくらい痛かったかというと、痛風が胸に来た感じ…

 

「外にでて、胸が風に当たっただけでも痛くて涙でる」レベルでした。←裸で歩いてませんよ、きちんと衣服を着ています。

 

それだけの、激痛でした。

⭕乳頭痛への対策

入院中から痛みがあったので、助産師さんに相談しました。

いくつかアドバイスされたので実践してみたこと書いていきます。

 

・授乳のやり方

赤ちゃんの咥え方が悪いと、どうしても乳頭にだけ負担がいくので、傷が出来やすかったり、皮膚の荒れが生じてしまいます。

 

大事なのは「深く」咥えさせること!!

 

これを意識するのとしないとで、痛みの度合いが異なります!

 

しかし産まれたての赤ちゃんの口は、とても小さいので慣れるまでがしんどいですが「深く咥えさせる」ということを都度させることで、赤ちゃんもママ自身も授乳が上手になっていきますよ。

赤ちゃんの口を、ドナルドダックのようなアヒル口になるように意識してみてください!

・授乳時の姿勢を変える

同じ姿勢で、授乳することにより赤ちゃんの口の位置は、いつも同じ場所になってしまいます。

 

そうなると、同じ場所に負荷がかかってしまい傷が出来やすくなるので、色んな姿勢で授乳をすることが大切です。

 

通常は、横抱きであれば「フットボール抱き」での姿勢をオススメします。

 

フットボール抱きとは、基本姿勢が赤ちゃんをラグビーボールのように小脇に抱える形です。

 

胸の方に赤ちゃんの頭を出して、ママの手のひらは赤ちゃんの頭、赤ちゃんの体はママの腕で支えます。

そこで、授乳クッションをママの腕の下に敷くと楽に授乳ができます。

・オススメの乳頭保護クリーム

傷や荒れによって生じる痛みは、「乳頭保護クリーム」が必須です。

まずは、産院でオススメされたクリームを紹介します。

 

 

ピュアレーンは、天然ラノリン100%で無添加・無香料で新生児の赤ちゃんが口に入っても安心素材で出来ています。

 

クリームを塗ったあとに、授乳する場合でも拭き取りは不要なのが楽ちん♪

 

無香料ではあるはずなのですが、無香料どくとくの香りがします…←え?w

 

このニオイあったら、赤ちゃんがおっぱい吸うの嫌がるのでは?と心配でしたが、我が子は気にせずグビグビがぶ飲みしてました。

因みに「ラノリン」とは、羊毛から抽出した羊毛脂。とっても保湿力が高いのが特徴!
無香料のニオイってのは動物(羊)ニオイという表現が近いかも!!
意識して嗅覚を研ぎ澄ませたら臭う感じです。
まんま
まんま

まんまは、このピュアレーンを3本はゆうに使い切った程

リピーターしてました!

断乳して残ったクリームは、ハンドクリーム代わりに使えます♪

・他オススメの乳頭保護クリーム

 

ランシノーは、友達がリピーターしてました。
私がオススメしたピュアレーンと同じ成分で出来ています。
デリケートな皮膚に、ぴったりと付着して保湿力が強い!ピュアレーンも同様に原材料のラノリンは、水分を抱えこみやすいので乾燥しらずですよ♪

⭕まとめ

出産という大きな仕事を終えたあとでも、たくさんの壁にぶち当たることが多いと思います。

 

私が、最初にぶち当たったのがまさしく「授乳について」こんなに痛いなら、母乳育児はやめた方がいいんじゃないか?と何度も葛藤したくらいです。

 

けど、当時「母乳育児」神説的な考えが、産後鬱っぽくなっている私を止めることは出来ず…

あの手この手で乗り越えてきました。

 

基本的な授乳時の姿勢や、乳頭保護クリームを使うだけでどんどん楽になっていきます。

 

そして、時間が経てば授乳も上手になり痛みも無くなっていきます。

 

そうなってくると、授乳の時間は幸せな時間に変わっていきますよ!!と言いつつも、痛みを我慢してまで母乳にこだわる必要もないと思います。

 

苦痛に感じるのであれば、ミルクに切替を!!

 

最近のミルクも栄養価が高くて、母乳に近い成分で作られているものもたくさん販売されていますからね♪

 

ママは無理しないことが一番だと思っています!

最後に、現在妊娠中で母乳育児を考えているかたへ

産院の先生に乳頭ケアしてもOKと判断を頂いたら、私も習ったような「乳頭マッサージ」を習慣化することをオススメします!!

 

私もきっと、産院で教わったマッサージをまじめにやっていれば、あんなに苦労しなかったのかな…と思っています。

 

コメント