2歳児のイヤイヤ期。失敗と成功を繰り返しながらも日々前進あるのみ!

子育ての悩み
スポンサーリンク

最近、子育てってやっぱり難しいー!と2歳児の男の子をもつママです。

子育て試行錯誤中。

 

おっとりめの性格の息子が2歳を過ぎて最近、イヤイヤすることが増えてきました。

 

これが、俗に言う「2歳児のイヤイヤ期」なんだと実感しています。

 

まんま
まんま

世の中のママ達は日々、可愛い子どもでもイヤイヤされると

結構な、フラストレーションがたまるもんなんだよね。

だから、何でも良いから落ち着く策を頭に入れておきたいもんです。

イヤイヤ期の真っ最中ですが、

「●●をすると治まった!」「●●をして、しのいでいる」という内容をお話していきます。

スポンサーリンク

・イヤイヤが始まれば、選択をさせる

2歳になると、体もしっかりしてきて器用にご飯を食べたり、言葉も1語1語増えていく時期です。

 

そして、頭も柔らかくて何でも吸収したい時でもあるので興味があることがやらせてもらえなかったり、上手に出来ない…

 

言葉も少ないので相手に要求をうまく伝えることが出来ず歯がゆい…

 

それが重なり大きなフラストレーションとなり、急に泣いたり、怒ったりしているんだと思います。

 

息子もこの前、お出かけする準備をしている時に急にイヤイヤスイッチが!!

 

外に出ない!と泣いて怒り出すことがありました。

大人からしてみれば「え?急になした?」となりますよね。

 

なだめても、何かでごまかそうとしても、もう無理。イヤイヤ全開。

 

出かける直前にそれは困りますよ。

 

そんな時はまず、話を聞いて

(会話はまだ成り立たないので私が一方的に聞く感じになりますが…)

「選択」をさせています。

例えば、お出かけ前であれば

どっちの服なら着たい?選んでみて」

どっちのおやつ持っていく?好きな方選んでいいよ。

「どっちの帽子かぶっていきたい?」

「外で、ボール遊びかシャボン玉ふくのどっちがいい?」

などなどなど…

 

とりあえず、目につくもので子供が興味を引いてくれそうなことで選択をさせます。

 

そうすると、自分のことを自分で決めたい時期の息子は、「選ぶ」事をさせてくれることに喜びを感じて、少しずつご機嫌になってくれます。

 

2歳と言っても、もう立派な意思が芽生えていますからね。

 

いつも生活の事すべてを、ママやパパに決められているので、自分にも選択肢があるんだとわかったら、ちょっと特別な気分になってくれるのでしょう。

・イヤイヤしている理由がわからないと、素直な気持ちを伝えてみる

何をしても、何を言ってもどうにもならない時は、ママやパパの素直な気持ちをストレートに言っています。

 

意味不明にイヤイヤされて大人側もイライラだし、子供とかなり険悪ムードになるりますがなんとか我慢してw

「ごめんね、ママちゃんと理解できないから、教えてくれないかな?」

と頑張って言ってみる。

 

時間はかかるかもしれませんが、少し子供も落ち着いてきたら何か動きを見せてくれて要求を示してきます。

 

例えば、この靴が本当は履きたかったんだ!と靴を差し出してきたり本当はまだ遊びたかったんだと、部屋に戻っておもちゃで遊びだしたり…そうしたら、そこで一旦理解を示してあげて

 

「○○しかったんだね、ごめんね、けどこれから出かけなきゃならないから

帰ってきたら一緒続きにしよう?」

 

と伝えるだけでも落ち着いてくれることもありました。

 

けど、まぁそんな簡単にいかなこともあるのが2歳児なんですよね。。。

・最終手段は、落ち着くまで見守る

結局、ここに辿り着くことが多々あります。

 

まだ言葉もすべて理解していないし、こちらも子供の意思をすべて汲み取ることも難しいので

平行線な事が、正直まだ多いです。

 

そうなると、とりあえず選択や思いを伝えてみて駄目だったら安全な場所で、行末を見守るのみ

 

家の中であればまだいいですが、外出先だとキツイですけどね。

 

とくにスーパーとか…人の目線がもろにあるところ…

 

そんな時は、人に迷惑をかけない場所まで抱っこして連れていき思う存分、暴れてもらうしかないですよね。

 

子供もやりきったら疲れるだろうし、その状況に飽きてきますからね。

 

待っている時間はママ・パパにとっては地獄絵図ですが耐えるのみ。

・まとめ

イヤイヤが始まれば、こんな感じでやり過ごしています。

 

選択させたり、話を聞いて落ち着いてくれるなら上等。

 

だめだったら、根気よく待つ。

 

ここが、親としての最初の試練な気がします。

 

こんなうまいこと書いてますが内心はメラメラ苛ついていることなんて多々ありますよ!!

 

そして、たまに怒っちゃったりして自己嫌悪に陥って凹むという、負のループ。

 

けど、それも子育てかなと割り切っています。

 

子供も人間だし、私も人間。

意思が通じ合わなければ、どんに大切な子供でもイラってするのも仕方ないからそういう時は、少し距離をとって子供が落ち着いたら、めちゃくちゃハグしてあげる。←これ重要

 

そんな感じで、親子は成長していくんだと言い聞かせながら今日も戦い続けています。w

 

2歳児のイヤイヤ、終わりが見えなくてしんどいですが愛おしい子供の寝顔を待ち受け画面にしてしんどい時は、それを見て乗り切りましょう!!

コメント